スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国の父親像

2017年11月12日(日)
木枯らしが吹き始め、日増しに冬の装いを見せる。
今年も残り二ヶ月を切り、足早に駆けていくようだ。
.
米国の理想の父親像のひとりに、ハリウッドの大スターであるジョン・ウェインがいる。
出演している作品の多くは西部劇と戦争映画である。
とりわけ西部劇で演じる主人公は、絶対的な権威をもつ頑固な男であることが多い。
B級俳優から一躍大スターにのし上がった不朽の名作『駅馬車』では一匹狼的な役柄であるが、
保安官として町を守ろうとする力強い西部の男(『リオ・ブラボー』)、
カウボーイを連れて1万頭の牛を幾多の困難を乗り越えて運ぶ大牧場主(『赤い河』)、
両親の奪われた土地を取り戻すために三人の弟と共に戦う不屈の男(『エルダー兄弟』)、
そして『チザム』では町を乗っ取ろうとする悪徳商人に敢然と立ち向かい保安官に任命される牧場主を演じている。
どの作品でも頑固一徹であるが、家族や仲間を守るために命がけで悪や困難に立ち向かう頼もしい「父親」が描かれている。
米国人が理想とする信念を貫く男性像・父親像の一つであろう。
.
何かと物議を醸している米国のトランプ大統領だが、ジョン・ウェイン演じる米国の父親像に通じるところがある。
トランプ大統領を支持している人々は、頼もしい「父親」を彼の中に認めているのではないだろうか。
アメリカ国民を引き連れて米国の利益のために超然として世界に挑む大統領。
その結末は、ジョン・ウェインの「父親像」のようにアメリカ国民を幸福に導くことになるのか、誰にも判らない。
それは、保守主義とグローバリズムとの闘いでもある。
ジョン・ウェインは一貫して保守主義者であったという。
.
トランプ大統領には女性蔑視発言がある。
ジョン・ウェインが演じる「米国の父親」は、女性への信頼と優しさに溢れている。
西部劇の映画に登場する「マドンナ」とジョン・ウェイン演じる主人公が織りなす恋の行方は、映画を鑑賞する楽しみでもある。
松竹映画『男はつらいよ』シリーズに登場するマドンナは寅次郎の憧れの存在であるが、ジョン・ウェインの映画では“よい仲”になる砂漠の中のオアシス的存在である。
もしかすると米国の男性の理想とする女性像の一つ、いや代表なのかもしれない。
.
トランプ大統領とジョン・ウェインの「理想の父親」とを同列に扱うことには無理があるか・・・。
だが、トランプ大統領への根強い支持の一因に「理想の父親」を渇望するアメリカ国民がけっこう大勢いるのかもしれない。
.
スポンサーサイト

ラマヌジャン

2017年10月3日(火)
爽やかな秋晴れ。
暑くなく寒くなく、スポーツにも読書にも食欲にも最適な季節を迎える。
.
映画『奇蹟がくれた数式』を観る。
実在したインドの数学者の伝記映画である。
実に感動的な物語である。
.
シュリニヴァーサ・アイヤンガー・ラマヌジャンは、アインシュタインにも匹敵する天才的数学者であると評されている。
インドの貧しい階層に生まれ、独学で数学を研究し、1910年代にイギリスのケンブリッジ大学に招聘された。
招聘したハーディ教授はラマヌジャンの研究を高く評価するが、格式が高く閉鎖的なイギリスの学会から黙殺されてしまう。
イギリスでの5年間の生活で身体を壊し、インドに帰国後、1年あまり妻と暮らし、32歳の若さで病没する。
.
ラマヌジャンが残した公式や定理は、証明するのにとても時間がかかった。
中には多くの数学者が協力したにもかかわらず証明できるまで1997年までかかったものもあるという。
.
映画のエンディングの言葉が印象的である。
 - 1976年に発見されたラマヌジャンの最期の公式は、
  1世紀後、ブラックホールの研究に役立っている -
.
ラマヌジャンが偉大な研究者であったことを如実に物語っている。
.

タンポポ

2017年8月25日(金)
気温35度を超える猛暑。
そよとも吹かない風に背中を汗が流れる。
.
今日は「即席ラーメンの日」らしい。初めて知る。
1958年のこの日に、世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」が発売された。1982年に日本即席食品工業協会が、この日を記念日にしたとある。
即席ラーメンは今の「カップ麺」とは違う。
即席ラーメンといえば、われわれ世代には「小池さん」が思い入れの強いキャラクターだと思う。藤子不二雄の漫画で、どんぶりを片手に持って即席ラーメンを食べる姿が毎回楽しかった。あの頃、1960年代の子どもにとっても即席ラーメンは大好物の一つであった。爆発的に即席ラーメンが売れた時代なのであろう。
ちなみに「ラーメンの日」もある。7月11日である。こちらは、ラーメンを最初に食べたとされる水戸黄門の誕生日(新暦)に因んでいるという。一般社団法人日本ラーメン協会が制定したとある。
毎日、何かしらの「○○の日」がある。日本人は記念日好きなのかな・・・。
.
つい先日、ラーメンにまつわる映画『タンポポ』を観る。
伊丹十三監督の代表作であり、主演の宮本信子が体当たりでラーメン修行をする演技に胸が熱くなる。
コメディ満載であるが、映画の主題とは直接関係のない場面がいくつも挿入されている。
どれも食に関するエピソードであり、中でも生卵の場面はエロチシズムに溢れている。「食」も「性」も生きるエネルギーの源であるとでも主張しているように思える。
.
折しも日本映画専門チャンネルで『タンポポ、ニューヨークへ行く 』という特集番組を見つける。
『タンポポ』という作品の価値の大きさに気付かされる。
ラーメン好きは日本人だけではなく、ニューヨークの人々にも人気がある。
ニューヨークの街角には実際に「eat ramen here ←」の看板が掛かっている。印象的である。
.
『タンポポ』に見られるラーメンへの愛着心、ラーメンをこよなく愛する日本人の嗜好は国民性なのだろうか。
ニューヨーカーはどれくらいラーメンが好きなのだろうか。
他の外国ではどうなのであろうか。
興味は尽きない。
.
蛇足)
1958年に「チキンラーメン」を開発した日清食品から様々な種類のカップ麺が発売されている。
毎週食べるほどカップ麺好きである。
ラーメンはもちろん即席ラーメンもカップ麺も、これから先も食べ続けるだろう。
.

夢千代日記

2017年8月6日(日)
相模原は晴れて厳しい暑さに戻る。
.
72年前の今日、広島に原爆が投下される。
その日の広島も猛暑である。
たった一発の原爆で、夥しい数の広島市民が瞬時に亡くなる。
即死を逃れた人々は全身の皮膚が焼けただれ、苦悶しながら息が絶える。
想像を絶する、灼熱地獄さながらの惨状である。正直なところ、実感することが難しい。
生き残った市民は、その後、原爆後遺症に苛まれることになる。
.
原爆後遺症を扱ったドラマに早坂暁作・脚本の『夢千代日記』がある。
「原爆の日」の前日、日本映画専門チャンネルの「週末“イッキミ”ドラマ」で『夢千代日記』と『続・夢千代日記』を録画する。
今日、一気に視聴する。夢千代日記を観るのはこれが2回目である。
吉永小百合が主演する夢千代は母親の胎内で被爆する。
母親から引き継いだ置屋を営む傍ら、自らも芸者として座敷に上がるが、原爆症による白血病で余命はあと2、3年。
病魔と闘いながら命を削って懸命に生きる姿勢に、目が潤むことを抑えがたい。
夢千代の置屋は、山陰地方のひなびた温泉街にある。かつて実際に兵庫県北西部(美方郡)に存在した温泉町(おんせんちょう)を舞台としている。日本海側をまだ「裏日本」と呼んでいた時代である。
遠く日本海の海鳴りが聞こえてくる凍てつく冬の温泉街の情景が、ドラマの主題を引き立てている。
現実に、原爆症で苦しむ人々はそれぞれの苦しみを乗り越えて生きているのだろう。
.
原爆症で苦しむ女(ひと)を描いた映画に『黒い雨』がある。
井伏鱒二の小説『黒い雨』を映画化したものである。
原爆の投下後に降った「黒い雨」で原爆後遺症を患い、苦しむ姿を描いた名作である。
主人公の矢須子は成人してから次第に原爆後遺症の症状が現れてくる。嫁入りの話も破談になってしまう。
主演の「スーちゃん」こと田中好子の演じるお風呂でのシーンは、原爆への憎悪の激しさを物語って余りある。
涙が流れると同時に、理不尽な原爆に怒りが込み上げてくる。
.
この時期は原爆をはじめ戦争に関する番組やドラマが数多く放映される。
自分を含め太平洋戦争を知らない世代は、何かしらの手段で戦争のことを学び、教訓を得て行かなければならない。
それが子どもや孫たちに対する我々世代の義務であろう。
.
蛇足)
吉永小百合は大好きな女優だが、田中好子もその一人である。
スーちゃんが最期に残した「もっと演じたかった」という想いに、とても残念でならない。
スーちゃんの演技をもっと観たかった・・・。
.

毒舌ラップバトル

2017年7月30日(日)
ミンミンゼミだろうか、アブラゼミだろうか。蝉の鳴き声を聴く。
都市部では近年、夏の気温が高くなり(地球温暖化の原因説が有力)、蝉の生息数が減少傾向にあるという。
相模原でも40、50年前の子どもの頃よりも、確実に蝉の鳴く声を聴かなくなっている。
立秋を過ぎるとツクツクボウシも鳴くようになるだろう。
夕暮れにヒグラシの鳴き声を聴くと、夏を実感する。
.
「毒舌ラップバトル」。
日本テレビの土曜ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』の主人公「小林司」が担当する、イベントでのメインステージ間のわずか15分の隙間企画である。
.
一般参加の一人として、「小林沙也加」のマタ友「町田あかり」の夫、もんじゃ焼き店を営む「町田彦丸」が出演する。
彦丸は「毒舌ラップバトル」で浮気の疑いを晴らそうとするが、毒舌ラッパーに気圧されて言い返せない。
見かねたあかりがステージに駆け上がり、彦丸の代わりに声を張り上げる。
「いつも笑っていたあんた好き」
「何でも勝手に決めるんじゃない」
「一緒に楽しく暮らしたい」
「ただそれだけでいい・・・」
.
夫婦の在り方を問うシーンに胸が熱くなる。
主題歌「奇跡の人」にある「見てくれじゃない、心の錦が大事」という気持ちを共有したい。
.
あかりと彦丸夫婦にもエールを送りたい。
.

ついてもいい嘘、優しさでついた嘘

2017年7月23日(日)
関東地方も梅雨が明ける。
大暑の今日、相模原は猛暑がひと休み。
ここのところ、日中のうだる暑さと比べると朝晩は過ごしやすい。
巷では夏まつりが始まっている。
.
日本テレビの土曜ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』のセリフにいたく共感する。
相手のために優しさでついた嘘。思いやりからついた嘘だから愛情に溢れている。ついてもいい嘘なのである。
昨今、不倫や離婚の泥沼騒動が世間を騒がせている。
その根っこには間違いなく汚い「嘘」が存在するのだろう。
仕事の上でも、増して夫婦の間には信頼し合っていることがなければならない。
.
ドラマの終わりに流れる主題歌「奇跡の人」(作詞作曲:さだまさし)を聴きながら涙が流れる。
この世はすべて出会えた奇跡から成り立っていることに思いを致す。
君に出会えたことは奇跡なんだと・・・。奇跡に感謝しよう。
.
7月に入り、テレビ各局で新ドラマがスタートしている。
視聴率の高いもの、低迷しているものと明暗が分かれている。
中には「大根役者」「ありえねー」「イライラする」等の酷評されているドラマもある。
新ドラマの1回目を8割方観たが、確かに“つまらない”ドラマがある。そう感じたドラマは2回目から観なければよい。
.
『ウチの夫は・・・』は夫婦の理想像のひとつなのかもしれない。
主人公の「小林司」と「小林沙也加」の夫婦は、きっと、「しあわせの記憶」を積み上げていく家族を作るのだろう。
司と沙也加にエールを送りたくなるドラマだ。
.

ツバキ文具店

2017年5月6日(土)
端午の節句が過ぎ、初夏の気配が進む。
夏への扉を探してみようか。
.
小川糸原作『ツバキ文具店』のTVドラマに心を癒される。
.
時が静かに優しく流れる構成は、殺伐とした日常に疲れ、暗く沈んだ心を温かく包んでくれる。
ドラマの冒頭に流れる白石めぐみ作の音楽や絢香の書き下ろし主題歌「コトノハ」が、ゆったりとした時の流れをイメージさせてくれる。
古都鎌倉が舞台であることも悠久の時の流れを醸し出すことに一役買っている。
.
代書屋とは宛名書きなどの代筆を生業とする職業だと思っていたが、手紙を依頼人に代わって書くことは知らなかった。
依頼人に成りきり、手紙を送る相手の気持ちも慮る。
依頼人と送られる人の双方に、しっかりと向き合う。
誰にでもできることではなく、簡単なことではないだろう。
その分、価値のある貴い仕事であるといえる。
.
ドラマは秀作である。
ドラマの原作も秀逸に違いない。
原作に対する書評(レビュー)は概ね好意的であるが、中には辛辣な評価もある。
そんなに細かく「ツッコミ」を入れなくても、心地よい雰囲気を味わいたい。
そうはいっても原作を読んでいない。今度読んでみよう。
.

なみだ橋

2017年5月3日(水)
風薫る穏やかな連休の中日。
物騒な世界情勢に翻弄されている日本だが、平穏無事なほうがいいに決まっている。
ついに安倍首相が憲法改正に動き出した?!
天気晴朗なれども波高し、といったところだろうか。
.
山本周五郎の短編時代小説をドラマ化したシリーズの『なみだ橋』を観る。
.
世間の誰からも嫌われ、見捨てられた息子でも、お腹を痛めた母親には可愛いわが子。
海の底よりも深く、広い母の子を想う愛情に、涙を堪えることはできない。
.
原作の題名は「立春なみだ橋」である。
寒く厳しい冬を乗り越えて、ようやく暖かい春を迎える。
苦難の末にたどり着いた人生の春。
本当の親子以上に熱い絆で結ばれた「母」と「息子」の人生の旅が始まる。
.

ローハイド(2)

2017年4月19日(水)
昨日に比べると幾分涼しい。
風が強い。春の不安定な気候が続いている。
.
「ローレン ローレン ローレン」
TVドラマ『ローハイド』 の主題歌の歌詞である。
西部劇らしいメロディと相まって、何とも郷愁にかられてしまう。
ドラマを観ていた者ならば決して忘れられないフレーズだ。
.
このフレーズは原曲の英語では" rollin',rollin',rollin', "となっている。
「ローリン」と発音しているのだろうか。
YouTube にアップされている数ある投稿を聴いてみると、ほとんどは「ローレン」に聴こえる。
だが、英語耳ではない自分にも「ローリン」と聴こえるバージョンがある。
たぶん「レ」と「リ」の中間の発音なのだろう。
.
歌の終りに近いフレーズには、もっと悩ましい発音がある。
「ララミー ローハイド」である。
これまた西部劇の傑作である『ララミー牧場』が頭に浮かんでくるので、そのように聴こえてしまう。
原曲の英語では" ride 'em in, rawhide! "となっている。
正しい発音かどうか知らないが、おおらく「ライディミン」が「ララミー」に聴こえるのだろう。
YouTubeのどのバージョンでも、何度聴いても「ララミー」に聴こえる。
.
英語が苦手な代表的日本人のひとりである。
正しく聴き取れないのは仕方がない。
が、この名曲を聴くと、遠い子どもの頃の想いが湧きだして涙を誘う。
.

ローハイド

2017年4月18日(火)
暖かい、いや暑いくらい気温が高い。
関東の北部では真夏日らしい。
.
米CBSのTVドラマ『ローハイド』 をイマジカBSで連日早朝に放映している。
懐かしい。
日本では1959年から1965年まで現在のテレビ朝日系で放送されたという。
東京オリンピックの前後である。
そのころ家にテレビ(もちろん白黒)はあっただろうか。
あったとしてもまだ7、8歳なので観ていないだろう。
その後、何度か再放送されているので、たぶん中学生の頃に観ていたのだろう。
.
吹き替えである。
記憶力の悪い自分でも、声優の声が記憶の底から蘇ってくる。
飛びきり若いクリント・イーストウッドが出演している。出世作だという。
どの話か分からないが、クリント・イーストウッドが酒場で歌っているシーンがある。新鮮である。
何といってもクールなのが、主演のエリック・フレミング。
3000頭もの牛を追うカウボーイの隊長ギル・フェイバーを演じる。
どんな困難にも沈着冷静に対処する。
仕事に厳しいが、仲間を助けるためには命を惜しまない。
女性には紳士的に接し思いやりが深い。
颯爽としたカウボーイ姿が実にカッコいい。
映像は白黒なので分からないが、青い瞳のようだ。
.
現在放映しているシーズン1は、全21話。
全体では8シーズン217話になる。
60歳前後の世代は、観ていた人が多いのではないか。
.
あの頃、家には母が居て、父が居て、兄が居た。
家族4人でテーブルを囲んで『ローハイド』 を観ていたのだろう。
「やー!ローハイド!」の掛け声が懐かしくて堪らない。
涙が流れてくる。
.
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

フォトワールド店主

Author:フォトワールド店主
.
ブログのサブタイトルの境地に立とうとして立てない店主の心模様を綴ろうと思います。
人生ままならない店主は、写真のスキャンサービスという仕事をしています。デジタルカメラが全盛の中、大切な思い出の写真(主に紙焼き写真)をデジタル化して保存するお手伝いをしています。
神奈川県相模原市にある家族経営のサービスです。
写真は、長女が1歳の頃...かなり昔なので、店主も若い!(笑)
.
【お店サイト】
フォトワールド

おすすめリンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご来訪のお客様
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。