FC2ブログ

サイレント・ブレス(3)

2016年11月3日(木)
.
文化の日、晩秋の色が濃い。各地で紅葉が見頃だという。
強く吹く冷たい風に冬の到来も近いことを感じる。
朝晩の冷え込みに比べると日中はけっこう汗ばむ。
この時期にとくに原因がないのに鼻水が出る症状を寒暖差アレルギーというらしい。10月下旬から時折鼻水が出ることがあったが、このせいかと合点する。
.
『サイレント・ブレス』(南杏子著)の第5話(「ブレス5」)を読む。
この中で著者はこう語っている。
 - 死までの残された時間、ゆったりと寄り添うな治療がいかに大切か -
「治療」を「介護」に置き換えれば、終末期を迎えた患者を介護する家族の在り方になる。
食べたくなければ無理に食べさせない。
リハビリをやりたくなければ無理にやらない。
本人の望むままにやりたいことをさせる。
.
母が昨年10月に亡くなる前に、ゆったりと寄り添うことができたか。
振り返れば自信はない。
52日間の入院中、一切の飲食禁止(経口での絶食)と静脈からの経管栄養の状態であり、ほとんどを酸素吸入で過ごした生活である。
発語も意思疎通もままならない認知症のために、母の希望を確かめることができない。
三日に上げず面会に行き、母に寄り添う。
持ち直すことができるかもしれないと、わずかな希望を抱く日々・・・。
日を追って衰弱していく母・・・。
息子としてできることはやったのだと言えるのだろうか。
.
TVドラマ「レディ・ダ・ヴィンチの診断」(主演・吉田羊)で、
神経梅毒による認知症を患った大女将と嫁の女将との不仲を取り上げている。
ほぼ寝たきりになった大女将は認知症のために、これまでの記憶が無くなっている。
ついに大女将の本当の心情を知ることになる嫁が大女将に感謝の念を持ち、こう語る。
- 母の記憶がなくなってもいいんです。私が覚えていますから -
.
このセリフを聴いて、ある言葉が思い浮かぶ。
「記憶は愛である」
.

サイレント・ブレス(2)

2016年10月25日(火)
.
朝晩の冷え込みは一段と増し、北国からは雪の便りが届く。
時雨月(しぐれづき)が終わろうとしている。
10月は冠婚葬祭にまつわることがいくつも重なっている。
妻との結婚記念日、母の命日、父と母の結婚記念日、父の誕生日、そして私の誕生日・・・。
父と母が建てた、私と家族が住んでいる家は、もしかすると10月頃に地鎮祭を営んでいるかもしれない。残っている写真をみるとそんな気がする。
私にとって時雨月は侘しいものである。
.
『サイレント・ブレス』(南杏子著)を半分読み終えた。
小説は訪問診療の医師が経験する6話から構成されている。ひとつひとつの物語は独立している。主人公が終末期の患者たちと真摯に向き合い、患者はやがて訪れる最期をどのように迎えることになるのか、オムニバス形式に近い手法で描いている。
患者も家族も、医療者の側も最後の瞬間まで悩み迷い、もがき苦しむ。
終末期医療の現場の描写は生々しく、身内や親しい人を看取ったことがある者ならばありありと分かる。
.
昨年亡くなった母は在宅介護・医療が叶わなかった。
入所していた老健(介護老人保健施設)から提携の病院に緊急入院、無事に退院できれば在宅介護と在宅医療を選択しようと考えていたが、母はその前に力尽きた。
小説にも取り上げている延命治療は、正解のない問題のひとつである。
母は要介護5の認知症の上に発語も意思表示もほとんどできず、本人に延命治療の有無を選択することはできない。兄と相談して延命治療を選択しなかったが、本当にそれでよかったのか。母は納得して逝ったのだろうか。
.
誰にでもいつかやって来る死をどのようなものにするのか、この作品が投げかけている。
.

宇宙 - 現実逃避としての逃道

2016年10月15日(土)
秋晴れ。
日が差すと暖かいが、朝晩はぐっと秋冷が厳しい。
.
昨年の今ごろの日記にこうある。
「十月の別名はたくさんあるが、時雨月(しぐれづき)という異称がある。
これから幾星霜を経ても、私は時雨月に泣くだろう」
.
母が亡くなって一年が経つが、母への罪悪感だけは薄まらない。
カテゴリ「認知症の母」で詳述しているので、ここでは繰り返さない。
『サイレント・ブレス』(南杏子著)を読んでいるのも、その表れである。
.
もう一冊興味深い本を読んでいる。
『眠れなくなる宇宙のはなし』増補改訂版。
著者は、インフレーション理論を唱えたことで著名な宇宙物理学者の佐藤勝彦氏である。
この本の中で重力波の初観測について触れている。
観測された重力波は二つのブラックホールが合体したときに発生したものであるが、宇宙の誕生直後に生まれた重力波(原始重力波)も観測できることが期待されている。
今世紀中に、「我々の」宇宙が生まれたときの「産声」を聴くことができるかもしれない。
だが、宇宙について人類が知っているのは5%に過ぎない。残りの95%は暗黒物質や暗黒エネルギーであり、ほとんど解っていないともいえる。「暗黒」が暗躍しているようで何やらSFめいているが、世界中の科学者が真剣に議論しているという。
10次元空間から成るブレーン(薄い膜構造)宇宙仮説、「母宇宙」とそこから生まれる「子宇宙」など、無数に存在する(かもしれない)宇宙・・・。
宇宙の「果て」はないのか???
宇宙は「無」から生れた???
宇宙と我々が「存在する」とは???
ほぼ確かなことは、今から138億年前に「我々の」宇宙が生まれた、こと。
.
秋の夜長にこの本を片手に、日常の憂鬱から逃避する。私の「逃げ道」である。
.

サイレント・ブレス

長らく読書は無沙汰であった。
このブログの「読書・音楽・芸能」カテゴリをみると、一昨年の12月が読書についての日記の最後なので、約2年ぶりである。
「読書の秋」だからというわけではないが、先月に一冊読み、そしてこの日記タイトルの本を注文中である。
.
先月読んだ本は『四十八人目の忠臣』 諸田玲子著。
今、NHKで武井 咲主演の『忠臣蔵の恋』と題して連続ドラマが放映されている。
ドラマの副題に原作の作品名が使われている。
著者は原作の中で、
「忠義は男だけのものではない。女子(おなご)には女子の忠義がある」
と語る。
主人公は、討ち入りの二年後に、6代将軍となる徳川家宣の奥女中として奉公に上がった実在の女性である。
のちに家宣の側室となり、7代将軍徳川家継の生母となる月光院、側室の名で「喜世」をモデルとしている。
小説では、喜世を浅野家にゆかりのある女性として捉え、事件後の恩赦や浅野家再興に奔走する忠義者として描いている。
「四十八人目の忠臣」であったのか証左を示すものは何もないが、興味をそそられる。
ドラマの名前にあるように四十七士の一人である礒貝十郎左衛門との恋を中心に、忠臣蔵の物語が進む。礒貝十郎左衛門は今でいう超イケメンである。原作もドラマも第一級のラブロマンスに仕上がっている。
.
本題より長くなってしまったが、その本題『サイレント・ブレス』(南杏子著)は、現役の女医が自分自身の体験を基に書いた小説である。著者のデビュー作である。
著者が祖父の介護と終末医療の現場でつかんだ思いを問いかけている(そうだ)。
.
著者は願う。
「この本が、介護で悩む人に寄り添うものになってくれれば」
(読売新聞「よみうり堂」より)
.

読者モニター(10)

5冊目に続き、読者モニター6冊目をゲット!
本日、プルーフ本(完成前原稿で制作した見本書籍)が送られてきた。
ダメかなと諦めていたので、嬉しい。
.
『おまめごとの島』
著者:中澤日菜子
.
昨年、著者のデビュー作である『お父さんと伊藤さん』の読者モニターに落選しているので、雪辱戦である(笑)。
出版社によると、小豆島が舞台の家族と他人の「絆」の物語。
.
応募時に次のメッセージを認めた。
(概略)
 書名の「おまめ」とは何か知らなかった。
 「みそっかす」や一人前とは認めてもらえない、お荷物扱いなどの使い方があることが分かり認識を新たにした。同郷の妻も知らないので生まれ育った地域が関係しているのだと思う。実生活や真実のことがらを意味する「まめごと」もあるので、両者を掛け合わせた物語になっているのかなと推察する。モニター募集のコメントによると「絆」がテーマになっていることを合わせて考えると、想像の翼が広がる。是非とも読んでみたい作品である。
.
このメッセージの前に、我が家の実情と問題を説明し、日々、家族の絆とは何かを考えること頻りであることを告げている。
この年末年始にじっくり読もう。
楽しみだ。
.

読者モニター(9)

10月に応募した 「読者モニター(8)」。
.
感想を送り、採用されたプレゼントとして、発刊書籍が届いた。
著者のサイン入りである。
“幸せの青インコ”と名付けられたイラストが描かれている。可愛い。
.
『しょっぱい夕陽』
 著者:神田 茜
 発行:講談社
.
出版社の特設サイトがある。
『しょっぱい夕陽』特設サイト
.
この特設サイトに送った感想の一部が掲載された。嬉しい。
 “思わず「だよねー!」と言っている自分にハッとなる。”
.
編集部から丁寧なお礼状も同封されている。
1月に発売される雑誌『ダ・ヴィンチ』に、著者のインタビューが載る。そこでも感想が引用されているという。
買わなくっちゃー!(笑)
.

未来へ

今日は、次男の小学校の音楽発表会。
6年生なので、小学校最後の音楽発表会である。
.
座席は1家庭1席であるが、観賞しない家族から整理券を1枚頂いたので妻と二人で出かける。
子供の音楽発表会へゆくのは久しぶりである。
空は、台風一過の秋晴れ。
台風の影響か、風は強く吹いているが、日差しは暖かい。気持ちがよい。
.
6年生の前に5年生の発表を聴く。
元気いっぱいの合唱と合奏に、ちょっと感動してしまう。
上手い下手ではなく、全員が一所懸命に発表している姿が心に響いてくるのだろう。
.
次男の6年生は、合奏から始まる。
曲目は「We Are The World」。
発表会のテーマである
 「 未来へつなげよう
    心のハーモニー 」
に相応しい選曲だと思う。
息子の楽器は、鍵盤ハーモニカ。
遠い座席からオペラグラスで、息子の演奏を見守る。
.
合唱は「COSMOS」。
まるで、銀河連邦の中心である相模原市の子供たちを祝福しているような歌。
次男も同級生も心を込めて歌っている。
とくにボーイソプラノの響きが美しい。
親馬鹿かもしれないが、息子の成長に感無量である。
.
心のハーモニーは、この宇宙のハーモニーでもあろう。
未来の世界を継ぐ者たちに幸あれ。
.

読者モニター(8)

読者モニター5冊目をゲット!
久しぶりに応募した。
さっそく出版元よりプルーフ本(完成前原稿で制作した見本書籍)が送られてきた。
.
『しょっぱい夕陽』
著者:神田 茜
.
女性講談師であり、小説家としても人気を博しているという。
出版社のキャッチコピーから。
 - 48歳の年女・年男たちの奮闘を描く、
 - ユーモアとペーソスに溢れた作品集
5篇からなる短編集である。
.
応募メッセージに次のような “ラブコール” を書いた。
「小生は主人公たちとは10歳近く年上だが、
 同様に “心はあの頃のまま”。
 今から10年前の頃、遊び仲間たちから
 “童心に溢れている” と揶揄されるほど
 趣味に没頭したことを懐かしく思い出す。
 ここ数年は母の認知症に悩まされ、母の介護に奮闘し、
 この8月には骨折で母が入院、9月下旬に退院、
 即日に老健(介護老人保健施設)に入所と、
 目まぐるしい日々を送っている。
 著者のユーモアとペーソスに触れて
 リフレッシュしたい!」
.
さらに、「感動した作品、感情移入したキャラクターがいたら教えて下さい」という質問には、次のように答えた。
「『失敗屋ファーザー』
 主人公のお父さんは小生よりも少し若い世代だと思うが、
 自分の分身のように思えたり、“失敗屋”の仕事で登場する
 父親に自分を映したり、ハッとさせられる瞬間が何度もあった。
 読みながら幾度か涙が溢れてきた。
 とても味わい深い作品である」
.
『失敗屋ファーザー』は、ちょうど一年前に初めて読者モニターに応募し、当選した私にとっては記念碑的作品である。
過去記事「読者モニター(2)
.

書く子は育つ

近藤勝重著『つらいことから書いてみようか』
の序文の題である。
コラムニストが実際に、小学5年生に文章の心得を指導した授業を基にしてまとめた一冊である。
著者は「手紙」を書くことを勧めている。
相手への気持ちを込めることで、文章力が高まると説く。
書くことで人間本来の精神活動が活性化されるのである。
.
小生も利用しているブログは「日記」に近い。
「つらいこと」も書くことによって、自分自身を見つめ直すことができる。
新しい活力が出てくることもある。
.
昨今、メールやソーシャルメディアは花盛りである。
手軽に「書く」ことができ、とても便利である。
その反面、思わぬ誤解や、疑惑・嫉妬も生じかねない。
ネット上のいじめや犯罪の温床にもなっている面がある。
小学4年生がLINE上で、いじめや仲間外れとなるケースも発生している。
「ネット依存症」の低年齢化が進んでいる。危惧したい。
.
文章を苦手としている小学6年生の息子に、この本を読み聞かせようと思う。
「ゲーム依存症」や「ネット依存症」に陥らないように、親の責務に努めたい。
.

55歳からのハローライフ

村上龍の短編集である。
5つの違う物語から成るオムニバスである。
NHK土曜ドラマでも今週から5回にわたって放映される。
.
今回は珍しく、ドラマが始まる前に原作を購入した。
何と言っても題名の “55歳からの” に惹かれた。
私は今56歳、今年57歳になる。同世代の物語りではないか。
同世代の自分と、オムニバスの中の登場人物とは、共鳴する何かがあるだろうか。
そんな想いに捉われた。
ドラマを観る前に、一週間に一話のペースで読めばよい。
大著の「カッコウの呼び声」(原題「The Cuckoo's Calling」)に比べれば、手軽いものだ?
(油断すると間に合わなくなる!!)
.
ちなみに、NHK土曜ドラマの前シリーズは『ロング・グッドバイ』。
原作は、アメリカの作家レイモンド・チャンドラーのハードボイルド小説である。
「The Long Goodbye」。
ドラマでの私立探偵は、増沢磐二(ますざわ ばんじ)。
演じた浅野忠信は、はまり役だったと思う。
何故だか解らないが、“ますざわ ばんじ” という名前に郷愁を感じる。
私が生まれた1950年代を舞台に描かれているからだろうか。
(舞台は東京、私は神奈川県相模原市で生まれ、育った)
録画したドラマは、いつもは観終わると消去しているが、
『ロング・グッドバイ』は、まだ消さずに保存してある。
(いつ消すの?今、いや何時か、でしょ!)
.
『55歳からのハローライフ』。
原作もドラマも楽しみだ。
.
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

フォトワールド店主

Author:フォトワールド店主
.
ブログのサブタイトルの境地に立とうとして立てない店主の心模様を綴ろうと思います。
人生ままならない店主は、写真のスキャンサービスという仕事をしています。デジタルカメラが全盛の中、大切な思い出の写真(主に紙焼き写真)をデジタル化して保存するお手伝いをしています。
神奈川県相模原市にある家族経営のサービスです。
写真は、長女が1歳の頃...かなり昔なので、店主も若い!(笑)
.
【お店サイト】
フォトワールド

おすすめリンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご来訪のお客様
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる