FC2ブログ

医療の心

ドラマ『アリスの棘』
主人公が、医療ミスの隠ぺいや患者を顧みない許されざる医師たちを次々に復讐するのであるが、裏を返せば「医療の心」を問うヒューマンドラマではないかと思う。
.
物語りはサスペンス仕立てになっており、スリリングな展開に引き込まれる。
何よりも面白いのが、主人公である新人医師・水野明日美役の上野樹里と、名声と地位だけを追い求める大学付属病院のエース的女医・伊達理沙役の藤原紀香との、女優対決?競演?。
冷徹で緻密な上野樹里、悪女に徹する藤原紀香。
画面からバチバチと火花が飛んできそうなシーンが盛り沢山にある。
その“対決”を観るだけでも価値がある。
だが残念なことに、藤原紀香は第一話だけの特別出演であった。
全話に渡って二人の“対決”が観られたら良かったのに・・・。
.
気を取り直すことにしよう。
ドラマの出来不出来を左右する脇の固めは、ばっちりである。
 國村準 (いいモン?悪モン?)
 中村梅雀 (養父の関わり?)
 尾美としのり (悪徳弁護士の権化?)
 オダギリジョー (チャーミング王子か?)
 等々
ドラマに厚みを加えている。
実にいい。
.
医師や看護師など医療従事者の資質は、重要であることは言うまでもない。命を預かる仕事である。
ミスはあってはならないし、起こってしまったミスを隠ぺいするなど許されない。
アクシデント(医療事故)はもちろんのこと、ヒヤリ・ハット等のインシデント(医療事故に発展する恐れのある事象・ミス)であっても当然である。
どのような小さなミスでも隠してはならない医療従事者の良心を信じたい。そう願っているのだが・・・。
ドラマでは、「悪人」が次の「悪人」の存在を告白する。
悪の連鎖が不気味である。
.
(追伸1)
「鏡の国のアリス」にも出てくるハンプティ・ダンプティ。
このドラマでは、重要な暗示を与えるもののようだ。
「コロンブスの卵」にも及ぶかもしれない?いや、テーマから外れるか・・・・。
.
(追伸2)
看護師役の栗山千明であるが、私の長女は彼女に似ている。
長女自身や家族は「そうかぁ?」と異議を唱えるが、
細面で頬が張っているところがそっくりである。
眼(まなこ)が長女は細いが、顔全体の雰囲気がよく似ている。
妻が上手い表現をした。
顔の骨格がその系列に入る、と。
.
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

フォトワールド店主

Author:フォトワールド店主
.
ブログのサブタイトルの境地に立とうとして立てない店主の心模様を綴ろうと思います。
人生ままならない店主は、写真のスキャンサービスという仕事をしています。デジタルカメラが全盛の中、大切な思い出の写真(主に紙焼き写真)をデジタル化して保存するお手伝いをしています。
神奈川県相模原市にある家族経営のサービスです。
写真は、長女が1歳の頃...かなり昔なので、店主も若い!(笑)
.
【お店サイト】
フォトワールド

おすすめリンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご来訪のお客様
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる