fc2ブログ

サッチャー英元首相

本日、4月17日に英元首相のマーガレット・サッチャー女史の葬儀がロンドンで行われる。エリザベス女王も出席する国葬並みの扱いだそうだ。
海外のメディアでは、一部の左翼団体などがイギリス各地でサッチャー女史の死去を祝っていると報じている。とても信じたくないが、これが現実なのだと思う。主義主張や政策が異なっているからといって、人の死を祝うとは人間のする所業ではない。
.
国家において、すべての国民が満足できる政策など有り得ない。
しかし、時々の国家の状況に対して最善の策を講じるのが政治家の責務だと思う。
民主主義国家、国民主権国家であれば、選挙という国民の意志で政治家を選び、その結果成立した政権である。その政権に国の行く末を託したのである。
.
高インフレと失業で長引く不況と国際競争力の低下に喘いでいた「英国病」を脱却したのは、サッチャー政権である。鉄の意志で自らの信念を貫いた「鉄の女」サッチャー女史。
その死を心から悼む。
.
日本はデフレ不況が15年も続いている。
デフレ脱却と景気回復、雇用の改善を実現できるように、
鉄の意志で、安倍政権が日本を変革してくれることを期待している。
.
関連記事

コメント

Secret

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

フォトワールド店主

Author:フォトワールド店主
.
ブログのサブタイトルの境地に立とうとして立てない店主の心模様を綴ろうと思います。
人生ままならない店主は、写真のスキャンサービスという仕事をしています。デジタルカメラが全盛の中、大切な思い出の写真(主に紙焼き写真)をデジタル化して保存するお手伝いをしています。
神奈川県相模原市にある家族経営のサービスです。
写真は、長女が1歳の頃...かなり昔なので、店主も若い!(笑)
.
【お店サイト】
フォトワールド

おすすめリンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご来訪のお客様
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる