fc2ブログ

TPPと地場産業

TPP交渉への参加が正式に決定した。
交渉参加へは反対だが安倍政権は支持しているので、思いは複雑である。
.
先週放送されたNHKスペシャル「シリーズ日本新生」
 - TPP交渉 どう攻める どう守る -
を視聴した。
経済再生担当の甘利 明大臣を囲んで、国際経済やTPPに詳しい専門家が討論している。
だが、TPPに参加した場合のメリットもデメリットもよく見えてこなかった。
両者の意見とも総論や原則論ばかりで、具体論や詳細について言及が少ないように感じた。時間の関係上、細かい内容まで突っ込むことができないのだろうが...。
.
番組を見終わって、大きな疑問が一つ湧いた。
TPPによって、さらに日本の市場を開放した場合、地場産業への影響はどうなるのだろうか。
例えば会津の地鶏。
鶏肉などは守るべき「聖域」5品目には含まれていない。
5品目とはコメ、小麦、牛肉、乳製品、砂糖である。
TPPによる輸入増で、鶏卵と鶏肉で年間2000億円減少する試算もある。
地鶏が、安い輸入品に取って代わる日が来るかもしれない。
日本のどこの地方にもある町の商店街は大丈夫だろうか。
規制緩和によって外資系の郊外型ショッピングセンターが増えやしないか。
.
このNHKの討論番組に、フジテレビ「みんなのKEIBA」のメインMCも努めているタレントの優木まおみ も出演している。
彼女の経験談に共感をもった。
出身地の佐賀県の地元に大型ショッピングセンターが開店し、地元の商店街が軒並みシャッター街になってしまったというのだ。
彼女は、規制緩和が必ずしも日本の地方の生活(商売)を守るとは限らないという。
確かにそういえる面が多々あるのではないか。
.
規制緩和の影響ではないが、私も同じような経験がある。
私が今住んでいる実家は、6年前まで母が小さな商店を開いていたのである。
子どもの頃は前の通りを路線バスが走り、地元のストアーと著名なスーパーも出店する、ちょっとした商店街になっていた。しかし路線バスが廃止になり、周辺に大型スーパーやコンビニが増えたため、二軒のスーパーは閉店、撤退した。
大分経ってからだが、母の店も閉めた。母が認知症になったことが最大の原因だが、それ以前から客足はとっくに遠のいていたのである。
.
各地にある地場産業が、TPPによって衰退しないことを祈るばかりだ。
.
関連記事

コメント

Secret

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

フォトワールド店主

Author:フォトワールド店主
.
ブログのサブタイトルの境地に立とうとして立てない店主の心模様を綴ろうと思います。
人生ままならない店主は、写真のスキャンサービスという仕事をしています。デジタルカメラが全盛の中、大切な思い出の写真(主に紙焼き写真)をデジタル化して保存するお手伝いをしています。
神奈川県相模原市にある家族経営のサービスです。
写真は、長女が1歳の頃...かなり昔なので、店主も若い!(笑)
.
【お店サイト】
フォトワールド

おすすめリンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご来訪のお客様
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる