スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の命運(3)

2017年10月8日(日)
快晴。秋の気配が濃くなってきた。
野原ではススキが風に揺れ、刈入れ前の田んぼでは稲穂が黄金色の頭を垂れている。
実りの秋である。
.
各党から公約が発表され、党首討論が始まる。
自民・公明、希望・維新、立憲民主・共産・社民による三極の対決構図は、何となくであるが分かりやすい。
「保守本流」と「寛容な改革・保守」、「改革・左派」と考えればよいだろうか。
.
安全保障は重要な課題である。
日本の安全保障をどうやって確保すればよいのだろうか。
集団的自衛権を認めようとしない立憲民主・共産・社民は、有事の際にもろ手を挙げて相手国を迎え入れるのだろうか。
希望の党は集団的自衛権には言及していないのでよく判らない。
「国民の生命と主権を守る」ことは、あらゆる国に認められる権利である。
「国民の生命と主権を守る」ために、ほとんどの国は軍隊を持っている。
先進諸国で軍隊を持たない国は日本だけである。
現実に日本はどのようにして「国民の生命と主権を守る」ことができるのだろうか。
.
「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」の三大原則を明記する「平和憲法」は世界に誇る崇高な憲法である。
たしかに理想的な理念である。
だが、崇高な理念だけですべての争いが無くなるのであれば、すでに地球上には真の平和と幸福が訪れているだろう。
理想と現実のギャップは限りなく大きい。
.
国民として日本国憲法をもっとしっかりと学ぶ必要があるのだろう・・・。
実りの選挙になるだろうか。
この国の命運がかかっているのだから、実りある衆議院選挙であってほしい。
.
関連記事

コメント

Secret

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
プロフィール

フォトワールド店主

Author:フォトワールド店主
.
ブログのサブタイトルの境地に立とうとして立てない店主の心模様を綴ろうと思います。
人生ままならない店主は、写真のスキャンサービスという仕事をしています。デジタルカメラが全盛の中、大切な思い出の写真(主に紙焼き写真)をデジタル化して保存するお手伝いをしています。
神奈川県相模原市にある家族経営のサービスです。
写真は、長女が1歳の頃...かなり昔なので、店主も若い!(笑)
.
【お店サイト】
フォトワールド

おすすめリンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
ご来訪のお客様
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。